婦人

保育園を開業するためにはいろいろな手続きが必要になる

居ぬき物件の使い方

シャンプー台

年々美容室を開業する人が増えています。開業資金の運用方法や初期費用の使い方などをしっかり計画した上で行動していきましょう。お店のコンセプトを決め、顧客が入りやすい店舗作りが必要となってきます。

もっと見る

会社設立の手続き

街

近年香港では、多くの外国人によって会社設立がされています。香港に限って在住してなくても会社を作ることが可能になります。規制も少なく、ビジネスの新たな展開を考えている人であれば最適な場所になるでしょう。

もっと見る

開業のノウハウ

先生と子供

待機児童の問題や保育所の設立の問題が多くメディアに取り上げられている中、個人でも保育園を開業することができます。保育園を開業することは、今注目されている事業の一つになります。実際に開業しようと考えた場合、何のノウハウもなしにその世界に飛び込んだとしても成功するのは非常に難しいです。ただ単に待機児童の問題で取り上げられている場所に保育園を作れば成功できるわけではありません。ちゃんとした情報を元に経営戦略をたてる必要性があるのです。保育園をする場所やその建物の設備投資を決めていかないといけません。そんな中で最近、保育事業に精通したフランチャイズ会社やコンサルティング会社が増えているのです。保育の実績があり、経営のノウハウやサポート体制が整っている会社があります。自分のしたい保育園のコンセプトと照らし合わせながら、事業計画を進めていきます。経営するにあたって必要となる費用を含め、経営戦略が決まったら実際に開園する場所を決めていくのです。様々な統計データを元に保育園の稼働予想をし、ふさわしいエリアを探していきます。保育園を新たに開園するとなると各自治体に届け出が必要になります。中には、複雑な書類や保険会社の契約などいろいろな手続きがありますが、コンサルティング会社のサポートがあるので安心です。スムーズに契約を進めることができるのでコンサルティング会社といっしょに進めていくことのメリットを感じることができます。また保育士は資格がないとできない仕事なので、人材を探すのにも時間がかかります。そこでコンサルティング会社では常に保育士の募集をしているので人材をすぐに紹介してくれるのです。

ビザの申請手順

ビル

香港で会社を設立する際に、ビザの申請の手続きでなかなか申請が通らないケースがあります。駐在員のビザの申請と違い、会社の資金力や事業の魅力を伝えることができないとビザの取得が難しくなるのでしっかりとした計画の上で申請するようにしましょう。

もっと見る