男性と女性

保育園を開業するためにはいろいろな手続きが必要になる

会社設立の手続き

街

香港で会社設立をしている人が近年増加しています。海外で会社を作ることに対して難しいイメージがありますが、香港に限っては簡単に会社設立することができます。必要なものは香港の住所を登録することと会社名を決めること、パスポートになります。実際に香港に住んでいなくても日本人が会社設立をすることが可能なのです。会社名や株主構成などの必要事項が決まっていれば最短で2週間ほどで作ることができます。香港の法人での会社設立方法ですが、2つあります。新規設立とシェルフカンパニーの購入の2つになります。新規設立ですが、自分の好きなように会社を持つことができますが類似企業名の調査や設立手続きに2週間から3週間ほど時間がかかります。その一方でシェルフカンパニーというのは、日本にはない仕組みで会計事務所などが法人の登記手続きだけを済ませて保有してある会社を買いとることができるという方法になります。設立されているだけで会社としては何もしてません。手続きは名義変更のみで1週間ほどで会社を作ることができます。シェルフカンパニーを利用したほうが設立費用を抑えることができます。また、法人税も安く、株式譲渡益などのキャピタルゲインが非課税になります。香港で日本人1人で会社設立ができ、会社を維持するコストもかかることがありません。新しく事業をしたり貿易をする際の規制も少ないことが良い点としてあげられます。広域なビジネスネットワークが香港にはあるので、ビジネスの展開もしやすいです。