男性と女性

保育園を開業するためにはいろいろな手続きが必要になる

ビザの申請手順

ビル

香港で起業する経営者は観光ビザではなく就労ビザを取得しないといけません。普通に日本の企業から香港へ駐在員として行くのであれば、その会社証明ができれば就労ビザを取得できます。会社を設立する場合では、就労ビザを取得することに加えて香港にとって魅力のある事業であることを説明しないといけないのです。また、会社を設立する際に資金力の提示も必要となります。
香港には日本人向けのビザを取得するためのコンサルティング会社も多くあります。ビザを取得するために必要なものなど書類の作成まで手伝ってくれます。書類ができたからといって一概にビザの申請が通るとも限りません。会社の所在地でも自分一人の場合であれば自宅兼事務所として申請はできるのですが、従業員を雇った場合であれば自宅での雇用が厳しいと判断されるという問題が発生することを忘れないようにしましょう。会社設立時に会計事務所などの住所貸しサービスを利用することができる便利なサービスがあるので注目です。ビザ取得に関しては事務所がないことが不利になってしまうのでサービスを利用することが先決です。香港は家賃がとても高いので、この事務所の問題を解決するのであれば、知り合いの事務所の一部を間借りをしたり、取引先に相談してみるなどして早めに対策をとっていきましょう。香港での起業するニーズが増え続ける一方で、ビザの問題が多くあります。会社を設立するまでにコンサルティング会社を決めて詳しく情報を仕入れるなど、自分自身で理解することでビザの申請をスムーズにいくようにしましょう。